被害を受ける前に害虫や害獣は手早く駆除しよう

吸血虫の恐怖

南京虫駆除駆除の複数の方法

日本では既に根絶されたと思われていた、南京虫が最近になって再び増加しています。そのため改めて害虫駆除業者が南京虫駆除にあたっていますが、最近はかつて効いた有機塩素系の殺虫剤が効かないタイプも出てきています。 このタイプはスーパーナンキンムシとも呼ばれており、このような殺虫剤に耐性を持つ南京虫駆除のために、害虫駆除業者もまた対策をしています。その1つが南京虫が高温に弱いことを利用したスチームクリーナなどを使った駆除です。南京虫はだいたい45度程度の温度で生息できなくなるため、適温のスチームクリーナを使って駆除をしていくことができます。 このように薬剤散布の他に、耐性を持つ南京虫は高温蒸気によって駆除するなど復数の南京虫駆除のテクニックがあります。

不特定多数の人が出入りする設備なら定期調査も良い

最近の南京虫の騒動は発生箇所として、特に不特定多数の人が出入りする施設でよく起きています。特にホテルや旅館、ルームシェアといった不特定多数の人が寝泊まりする環境下での発生が起きています。 そのため宿泊施設などは、特に意識して注意する必要があり、少しでも南京虫と疑わしい糞の痕跡や、成虫とおぼしきものを見つけたのなら、早めに業者に南京虫駆除、もしくは調査依頼が重要です。 また一度被害が出ると宿泊施設では大きなイメージダウンとなります。そのため賢い経営者は、問題が未然に起きないように南京虫も含めた定期的な害虫調査を業者に依頼していることがあります。定期調査の工夫によって、施設とお客の両方を守る事ができます。